※ご相談者様のプライバシーは絶対に守ります。

ご挨拶

平成22年3月にNPO法人えちぜん青少年自立援助センターをスタート致しました。
当初は不登校、ひきこもりのための“フリースペースいっぽ”を開所し、日中の居場所として、また自らの企画など様々な体験学習や催し物など行ってきました。ですが、いっぽに通ってくる子供たちにはコミュニケーションが苦手など発達障がいの疑い、あるいは診断を受けた子供たちが多くいました。このまま居場所を提供した関わりでいいのだろうかと悩み、考え一年後の平成23年6月福祉サービス事業所として“すてっぷ”を開所しました。
“いっぽ”“すてっぷ”を進める中で、そこまでに至らない人たちの相談も多くありました。ただ「来て下さい」だけのスタイルでは、見えない多くの人たちとの関わりはもちろん、会うことさえままならない人たちとつながることが難しい現実がありました。
ひきこもりになる様々な理由がありますが、近年発達障がいが原因になっていることが多く見られます。ある程度決まっている学生生活には支障がなく就職をして初めて生きづらさを感じ閉じこもってしまう。本人もご家族も理由が分からず、ご家族はただ就職することだけを望んでしまう。本人も「なぜ行動に移せないのか」「社会との関わりが辛いのか」理解できず一人で悩み孤立してしまう。場合によっては二次障がいを発症してしまい益々社会と遮断状態となり長期化してしまいます。
また、成長していく環境によってみられる場合もあります。
成長段階でそれぞれ個別の対応が進んでいますが、まだまだ十分と言えるところまでにはなっていません。
不登校やひきこもりになってしまう初期での関わりがとても大切です。
ストレス社会の中で5人に1人が精神疾患になると言われていますが、「話を聞いてくれる人がいる」「理解してくれる人がいる」「一緒に歩んでくれる人がいる」そして「変わりたい」という気持ちで大きく変わっていくのではないでしょうか。

一人ひとり悩みや課題は違っていますが、最終的には就労の場があり、安心した自分らしい生活を見つけて欲しいとの願いがあります。 それぞれがそれぞれの“らしさ”を見つけるため、“フリースペースいっぽ”“就労支援センターすてっぷ”の他に“グループホームふれんず”“相談支援センターつくしんぼ”“えちぜん就労支援協会”“生活困窮者社会参加事業”“日中一時支援”で、まずはつながることが出来たらと思っています。
あなたに寄り添い、自分らしさを探して行きます。不登校・ひきこもり・ニート・対人恐怖・孤独感・・・そんな不安や悩みを一緒に考え新たな自分を発見し、少しずつ前に進めるお手伝いをする場所です。
一人で悩まず安心してご連絡下さい。
理事長 北野勝彦

組織概要

名 称 特定非営利活動法人
えちぜん青少年自立援助センター
設 立 平成22年3月18日
所在地 〒915-0082 
越前市国高2‐26‐4‐1
事 業 ・フリースペース“いっぽ”
・就労支援センター“すてっぷ”
  ・就労継続支援A型
  ・就労継続支援B型
  ・就労移行支援
・相談支援センター“つくしんぼ”
・えちぜん就労支援協会
・生活困窮者社会参加事業
・障がい者支援日中一時支援
・すてっぷランド
会 員 正会員 17名   
賛助会員 20社
役 員 理事長:1名 副理事長:1名 
理事:5名 監事:1名
定例会 年1回